取手市光風台幼稚園

園の生活

たくさん遊べます!

子どもは遊ぶために目を覚まし、明日また遊ぶために眠りにつきます。
遊べる仲間がいる幼稚園は最高の場所、先生も一緒に遊んでいます。
幼稚園でいっぱい遊んで楽しかった!と、大きくなった卒園生たちもずっと心に残っているそうです。遊んで得た力は、本当の自分の力。
心も豊かに 自分らしく 大きくなっていくために、たくさん遊べる時間が 子どもたちには必要なのです。

どろんこもできるよ!

砂場に水を運んで川や池をせっせと作るのは、時代が変わっても必ず子どもたちがやりたがる大好きなお仕事かもしれません。
裸足でやっているうちに、足だけではすまなくなることもよくあります。
雨あがりの園庭の水たまりにも、子どもたちはぐいぐい引き寄せられていきます。
砂、水、泥にさわって、心安らぐのかもしれませんね。

ともだちがいる

顔を見合わせて笑い合える友だち、「一緒に外に行こう!」「一緒にこれをやろう!」と思える友だちが、園生活の中で見つかります。
自分と違ういろんな考えの人がいるって、友だちのおかげで知ることができて、だから楽しいってことも味わっていきます。

身の回りのこと

自分の持ち物をどこに置くのかな? どうやって使うのかな?
毎日の生活で、だんだん身についていくように、保育者も自立を応援しています。
トイレに行けるかな?着替えられるかな?入園の頃は心配だったことも、友だちとの生活の中で進歩していく姿が見られます。

みんなの生活

こんなに散らかっていては、ごはんが食べられないね・・・
片付けないと 困るんだ、と感じながら、みんなで片付けていく。
やらされているのでも、やってもらうのでもなく、自分たちの生活を自分たちでやっていこうとする気持ちが持てるようになっていくのはとてもすてきなことですね。

グループ活動

年長さんになると、グループで活動する機会がふえます。話し合うこともふえます。
難しいけど、人の話を聞いたり、自分の意見を言ったり・・・
(大人でも難しいけど・・・ずっと練習かもしれませんね)
みんなの中で、困ったことや考えなきゃならないことが起こった時に、自分に関係があることだと思って考えられるか、そこが大事です。
年少、年中、年長と、友だちといろいろありながら、いろんな気持ちを経験していることで、自分には関係ない とは思わずに、一緒に考えていける人になっていく。
園生活の中でそんなふうに育っていくことは大きな目標でもあります。

行事

行事のために子どもたちの生活があるのではありません。
見ていただくために特訓、ということはしません。
行事を楽しみにし、それまでの日々が充実することが大切だと思っています。

プール

年中・年長のみ「たっぷとりで」のプールに行く日があります。(園バスで)
水に慣れることを目的とする、幼稚園向けの内容です。
やってみたら楽しい!楽しみな日です。

給食・お弁当

「幼稚園給食」という給食センターから、給食を取り寄せています。
週に何回 給食を頼むかは、希望制です。(1号認定児は、水曜日はお弁当です)
いつも、お弁当の人と給食の人が混じりながら、楽しく食べていますよ。

預かり保育・きりん組

朝 7:50 から 帰りは 18:50 まで
お仕事やその他のご都合で、長時間幼稚園に預けたい時は、「きりん組」をご利用ください。
2号認定の方は、ふだんから朝夕の時間が長くなりますが、1号認定の方も、必要な時お申込みください。

※1号認定の方でも、お仕事その他の要件を満たし、市に申請すると預かり保育料金の補助(一日450円)が出る「新2号」に認定されます。(1号認定のままですが「新2号」という呼び名です)